オリジナルTシャツを作成する際の金銭面での注意点

オリジナルTシャツを作りたい時は、恐らくイベント事の時や学校の行事などでしょう。多くの場合は枚数が必要となってくるでしょう。数枚程度であれば自作する方法が最も安価に作れる方法となりますが、枚数が多くなればそれも難しくなります。買ってきたTシャツにワッペンを付けるだけの作業であれば可能かもしれませんが、すべてがそうである筈もありません。普通の無地のTシャツであれば、安いお店で数百円から購入する事も可能です。しかし、オリジナルTシャツは一度しか着なくても思い出に残る品になります。安いTシャツを買って微妙な思い出にするよりは、少し奮発してでもより良い思い出にする方がいいかもしれません。とはいえ、そこまで奮発するのも憚られますね。そこで、オリジナルTシャツを作成する時の金額の相場などについて解説していきます。

オリジナルTシャツの作り方について

まずはオリジナルTシャツを作る方法について見ていきましょう。基本的には簡単です。作りたいTシャツを決めて、それを作ればいいだけです。Tシャツの生地から色、半袖か長袖か、プリントするデザイン、大きさ、場所などを細かく決めていく必要があります。シンプルな事ですが、時間のかかるものでもあります。そして作り方ですが、先述したように自作も出来ます。専用のシートを購入すれば、自宅のプリンタでデザインを印刷し、アイロンで転写する方法がメジャーです。これはTシャツの値段にもよりますしプリントの大きさによって金額が異なってきます。ミスしやすいという事と、自作する時間が必要というデメリットもあります。もう一つは、業者に依頼する事です。こちらの方が確実に綺麗に仕上がります。しかし、金銭面で考えるとデメリットと言えるでしょう。

オリジナルTシャツを作る費用に関して

費用に関して見ていきましょう。細かく見ると、Tシャツの素材や質、プリントするものの大きさや色使いによって金額が変わってきます。特に業者に依頼する場合には、そこの差で金額にも大きな差が出てきます。わかりやすくする為に、半袖のTシャツの表にA4サイズのロゴを付けるオリジナルTシャツを作成する事にします。自作ですと、Tシャツ代と専用シート代、インク代、細かく言えば電気代がかかります。相場としては1500円前後です。では同じものを業者に依頼してみましょう。枚数によって単価が変わってきたりしますので比較する事は難しいのですが、大体の業者は2000円前後です。ロゴの大きさが小さくなれば安くなりますし、色が単色になればそれも費用を抑えられます。費用を抑えたいのであれば、それを考慮しながらオリジナルTシャツのデザインを考えていきましょう。